shukoの生活

慶大、起業歴あり。これまでエリート街道まっしぐらでやってきた慶大生。就活という”馬鹿デカい壁”にぶち当たり、もがき苦しんでいる彼が日々の生活の中で得た気づき・学びをまとめていくページ。しばしば適当な内容も投稿。

ブログ開設、一発目!

とうとう始めるときが来た。。。

「ブログ始めてみなよ」「一緒に始めない?」との声にうんともすんとも言わなかった私

散々、周囲の人々から誘われたにも関わらず、腰が重く一歩踏み出せなかった私であるが今日を境に始めてみることにした。

理由は就職活動を機に自分について振り返ることが多かったからである。

初回の本投稿では、その経緯について話そう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自慢ではないが、私はこれまでフットワーク軽く様々なことに挑戦してきたつもりだ。

アルバイト、長期インターンシップ、サークル、起業、などなど。

趣味も幅広く手を伸ばしてみた。

ちょっと面白そうと思ったことは考える前にまず行動することにしてきた。

 

 

「興味の対象が広い分、あれもこれも手を出して結局全部中途半端になっているんじゃないか?」

 

 

そういった印象を持たれる方も少なくないだろう。

だが、私は少なくともこれまで「やるぞ!」と決めたものに関しては目標を設定して、それを達成する前に辞めたことは一度もない。

目標のレベルはその内容によって異なるものの、途中で面倒臭くなって放り投げたことはない。

 

だが、私がそのようにあれこれ試すのにも理由がある。

 

 

 

私はまだ夢中になってしょうがないことに出会えていない。

というか、人生全てをそれに懸けたい!と思えるものにまだたどり着いていない。

 

もちろん、興味を持ってどっぷりそれに打ち込んだというものはいくつかある。

ただ、それでも4〜5年続くのがいいところである。

 

偉大なるAppleの創業者、スティーブ・ジョブズの言葉に以下のようなものがある。

(多くの読者の方はご存知だろうが、、)

 

「The only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle.

 

彼がスタンフォード大学でスピーチをした際に言った言葉だ。

 

この言葉を聞いた時、

「自分はずっと自分にとってベストなものを探し続けていたのではないか?その過程で出会ったものに「ビビッ!」とくるものがなかったから、次へ次へと切り替えてきたのではないか?」

そう思えた瞬間、気が楽になり、前に向かって進み続けよう。そう誓った。

 

それとブログと何が関係あるのか?

 

ブログのメリットは簡潔に言えば以下の2つにまとまるだろう。

 

1、状況が変わっても続けやすい

2、考えを掃き出すことで思考が整理される

 

「継続は力なり」

先人はいつも名言でもって私たちを励まし、尻を叩いてくれる。

 

継続することは非常に重要である一方で、なかなか難しいものである。

そして、継続ほど環境に左右されやすいものはないとも思っている。

環境要因は天候かもしれないし対人関係かもしれない。はたまた、自身の健康状態かもしれない。

とにかく、継続を阻む要因に満ち溢れている中で、ブログは比較的に外的要因に左右されにくいものだと判断した。

書く時間さえ確保すれば、いつでもどこでだって書ける。そこに魅力を感じた。

 

『ゼロ秒思考』という本が流行ったが、あの考え方に私は賛成である。

文字にしてみて初めて気分がすっきりしたり、自分の気づいていないことに気づくことができたりすることが意外に多い。

その場所をブログにしよう、そう思ったからである。

 

ブログを継続的に書くことを通じて、自分の思考が整理され、気づいていなかったことを見つけ、それについて考え行動に移す。このサイクルを続けることが自分の本当に好きなこと・したいことを見つける一つの手段になり得ると思った。

 

これが自分にとって良いものになるかどうか分からない。

否、何事も活かすも殺すも自分次第。物は考えようである。

やってみなきゃ分からない。

必ず、自分にとって価値あるものにしていこうと思う。