shukoの生活

慶大、起業歴あり。これまでエリート街道まっしぐらでやってきた慶大生。就活という”馬鹿デカい壁”にぶち当たり、もがき苦しんでいる彼が日々の生活の中で得た気づき・学びをまとめていくページ。しばしば適当な内容も投稿。

学生生活なんてあっという間に終わってしまう。。

2年前のことを懐かしく感じた瞬間

奇遇なことに中学からの友人の彼女の家が私の彼女が前に住んでいた家と同じであった。

昨日ハプニングが起きた。

その彼女が渋谷で終電を逃してしまって、かつお金を持っていないという状態だと聞いた。

友人は軽くパニック状態になり、車も運転できないということで困り果てていたため、ベッドから起き上がり車を出してあげた。

よく彼女を送っていた道であったから車から見える景色がどこか懐かしくて、いろんなことを思い出してしみじみとしていた。

友人の彼女はワンワン泣いていたが、あの頃の私の彼女も弱虫でいつも泣いていたなーと懐かしく思えた。

今では彼女はとても強い子になって、一人でなんでもできるようになってしまった。

男性よりも女性の方が成長が早いのだと、この年齢になっても思い知らされる。

 

結局、私が帰宅したのは朝の3時で疲労困憊であったが、当時もそれくらいに帰宅していたし、なんだか不思議な気持ちになった。

疲れてはいたものの、ほっこりした気分で1日が終わった。