shukoの生活

慶大、起業歴あり。これまでエリート街道まっしぐらでやってきた慶大生。就活という”馬鹿デカい壁”にぶち当たり、もがき苦しんでいる彼が日々の生活の中で得た気づき・学びをまとめていくページ。しばしば適当な内容も投稿。

とある起業家からお話を聞いて

歴史から学ぶということ

今日は、急成長ベンチャーの社長からお話を伺う機会があった。

 

「人生で強く影響を受けた本は何ですか?」

 

こう質問をすると、

 

高橋是清自伝』や『坂の上の雲』などが挙げられた。

やはり、歴史から学ぶことは多くあるようだ。

 

社長曰く、今の日本と明治時代の日本は状況が似ているようだ。

いけてるんじゃね?

って急成長を経たものの、いまいちパッとしない時代。

同時に、これからあらゆるものが変わっていくときでもあるから、チャンスでもあるという。

 

「やっぱり、歴史は繰り返すものなんですかね?」

 

この質問に社長は、

 

「繰り返すというか、「あ、このシチュエーションをこうやって解決した人がいたなー」というようにある意味、デジャブに思えるような感覚を持っておくことが大事である」とのことだった。

 

本質を辿っていくと、どこかで全ての事象は繋がっているのであろう。

 

読書を通じて、そこから得た情報・経験を自分の武器にする。

 

自分の中に取り込めるかどうかが一番重要である。