shukoの生活

慶大、起業歴あり。これまでエリート街道まっしぐらでやってきた慶大生。就活という”馬鹿デカい壁”にぶち当たり、もがき苦しんでいる彼が日々の生活の中で得た気づき・学びをまとめていくページ。しばしば適当な内容も投稿。

アメリカンジョークが良い理由

ここ数日、アメリカのドラマにハマっているため、しばしばアメリカンジョークに出会うことがある。

アメリカンジョークの良いところは間接的な表現を用いて、相手の想像力に委ねるところである。

正しい、正しくないは置いておいて、直接的な表現は時として他者を傷つけかねない。

おそらく人は感情の動きが急激であればあるほど、衝動的に行動しやすい。つまり、コントロールが効かなくなる。

それは、時に後悔しても後悔しきれないほどの結果を招くことがある。

そこでアメリカンジョークは適切である。

何か伝えたい時に表現を曖昧にする。

そして、相手がそれに気づくまでの時間を伸ばす。

そうすることで、同じ事実を伝えた場合でも、間接的な表現で伝えられた人の方が物事を落ち着いて判断できるであろうと私は考える。

そう考えると、アメリカ人はコミュニケーション能力に長けていると賞賛できる。

私も見習わなければ。。。