shukoの生活

慶大、起業歴あり。これまでエリート街道まっしぐらでやってきた慶大生。就活という”馬鹿デカい壁”にぶち当たり、もがき苦しんでいる彼が日々の生活の中で得た気づき・学びをまとめていくページ。しばしば適当な内容も投稿。

自覚するってことの大切さ

今までお金なら何とかなると思っていた。

周りよりは多少裕福な家庭に生まれ育ったし、お金に困ったことなんてこれまでの人生で一度もなかった。

(もちろん、派手な生活をしていたわけではない。普通に暮らしていく上で困らない程度である)

(高校生の頃からアルバイトもしているから自分で自由に使える分もあった)

 

残りの学生生活できる限りたくさんの場所を訪れたい。

こんなに自由に旅行しまくれることは社会人になってからではなかなか難しい。

 

そう思って、友人らと海外旅行の予定を次々に入れまくった。

その結果、今日ふと気づいた。

 

「あれ、今月果たしていくら使うことになるんだ?」

 

少し想像はしていたが、意外と金額が大きくなっていたことに改めて気付かされた。

最初はかなり萎えたが冷静に月の収入と支出を計算してみたら、最初に落ち込んだほどの悲しさは消えた。

そして、日々の無駄な出費さえ減らせば、何とかなりそうってことにも気づいた。

ここで重要だと思ったことは、「自覚」するということだ。

今日、出費について考えてみようと思わなければ、いくら支払うということに気づかなかったばかりか、日々の出費を抑えようという感情も湧いていないはずだ。

そう考えると、一ヶ月後、二ヶ月後の出費の差はだいぶ広がっていたのだろうと容易に想像ができる。

 

案外、してるようでしてない日々の振り返り。

定期的に自分の生活を見直すことも大事である。